ジャパンラグビートップリーグ2013-2014開幕!

「ジャパンラグビートップリーグ2013-2014」が2013年8月30日に開幕します。
11年目を迎えるトップリーグですが、今シーズンから16チームとなり、2プール、2ステージ制に大会方式が変わりました。その目的は、チーム数を増やし、試合数を増やすことによって競技レベルの向上を図るとともに、競技を普及させることにあります。

画像

◇ファーストステージ
昨シーズンの成績によって16チームを8チームずつの2プールに分け、各プール1回戦総当たりのリーグ戦を行います。
<プールA>
サントリーサンゴリアス(昨季1位)
神戸製鋼コベルコスティーラーズ(同4位)
トヨタ自動車ヴェルブリッツ(同5位)
NECグリーンロケッツ(同8位)
NTTコミュニケーションズシャイニングアークス(同9位)
九州電力キューデンヴォルテクス(同12位)
NTTドコモレッドハリケーンズ(同13位)
豊田自動織機シャトルズ(同トップチャレンジ3位=昇格)
<プールB>
東芝ブレイブルーパス(同2位)
パナソニック ワイルドナイツ(同3位)
ヤマハ発動機ジュビロ(同6位)
近鉄ライナーズ(同7位)
リコーブラックラムズ(同10位)
キヤノンイーグルス(同11位)
コカ・コーラウエストレッドスパークス(同トップチャレンジ1位=昇格)
クボタスピアーズ(同トップチャレンジ2位=昇格)
◇セカンドステージ
ファーストステージの成績により、それぞれ上位4チームずつ、下位4チームずつの2プールに再編成し、総当たりのリーグ戦を行います。
◇プレーオフトーナメント
セカンドステージ グループAの1 ~ 4位4チームがプレーオフトーナメントに進出し、その4チームによるトーナメント戦、計3試合を行いトップリーグの優勝を決めます。
◇年間スケジュール リーグ戦
ファーストステージ 2013年 8月30日 ~ 2013年10月27日
セカンドステージ  2013年11月30日 ~ 2014年 1月19日
◇年間スケジュール プレーオフトーナメント
セミファイナル 2014年2月1日or2 日 (上位4チーム)
ファイナル    2014年2月9日

画像

11年目となるトップリーグ。今シーズンも楽しませていただきましょう。
ただ、気になるのは、チーム数を増やしたことによって得点差の大きな試合が増えるのではないかということです。競技発展のためには、戦力が均衡していて最後まで勝敗の予想がつかない僅差勝負の連続であることではないでしょうか。ファンの心を鷲掴みにするには、シーズンを通して血がたぎり、胸躍る試合が必要です。
今シーズンの試みが吉と出ることを期待しています。
(いえいえ、大吉であってほしいですね)

画像

「We Love RUGBY!.」は国内のすべてのラグビーを応援しています。
スポーツを愛する全ての人がハッピーでありますように!
【プロフィール】
大元よしき(タイゲン ヨシキ)
1962年生まれ。2003年外資系IT企業のマネージャーからライターに転身。スポーツのほか、歴史関連も執筆。弓道三段。保善高校からラグビーを始め、チームは2、3年時に花園に出場するも、グラウンドに立てたのは開会式のみ。東洋大学、関東社会人リーグの東急、ミノルタで17年間ラグビーと共に歩む。
連載中!
「障害者アスリート~越えてきた壁の数だけ強くなれた」
「ルポ・少年院の子どもたち」
著書に
「あの負けがあってこそ~再起を懸けたアスリート25の軌跡」
「命のバトン~個性派不登校児と自閉症児の教室」
「1万回の体当たり~タックルマン石塚武生 炎のメッセージ~」
「一緒に見上げた空~自閉症児×元不登校児 武蔵野東ラグビー部の軌跡~」
「ジャパンラグビー革命」(上田昭夫/大元よしき共著)
「ファイナルマッチ~ノーサイドの時を迎えて~(小説)」(大元夏樹名で発刊)。