女子ラグビーチーム「TKM7」のコーチブログ&選手ブログ

以前、本コーナーで取り上げました女子7人制ラグビーに特化した「TKM7:戸塚共立メディカルセブンズラグビークラブ」。最近、ホームページの「コーチングレポート」と「プレーヤーズブログ」が活発に更新されるようになりました。
このチームのコーチングスタッフといえば、元慶應義塾大学監督の上田昭夫さんと元東芝、ヤマハ監督の花岡伸明さんのコンビが有名です。さらにコーチ資格を有した若手コーチが3名という布陣です。
「コーチングレポート」は、そのスタッフの中でも花岡HCが主となって日々の練習を紹介しています。
また「プレーヤーズブログ」は、はじめまして……から始まる選手の自己紹介やチーム紹介といった内容です。中には戦艦!?大和さんのように「いつか必ず監督を倒します」と笑いに隠した決意表明をしている選手もいます。
2月4日の本コーナーでは、「TKM7」について、以下のように紹介しましたが、ラグビー経験者は、中学3年生から強化選手として選ばれていた女子ラグビー日本代表の横山里菜子選手だけです。
「2011年8月8日。横浜(戸塚区)に医療法人を母体とする女子7人制ラグビーチームが産声をあげました。チーム名は「TKM7:戸塚共立メディカルセブンズラグビークラブ」。
8月2日に記者発表が行われ、その後多くのメディアに取り上げられご存知の方も多いと思いますが、ソフトボールや硬式野球出身者が主体となり、ラグビー経験者は女子日本代表の横山里菜子さんただ一人というチームです」

ソフトボール選手がこの「TKM7」というチームの礎になっているのです。
今回ご紹介した両ブログは、ソフトボール選手からラグビー選手へと変わりゆく過程を垣間見るような思いがします。2016年のリオ・オリンピックを目指し、チャレンジしている彼女たち。「WE LOVE RUGBY」は、これからも「TKM7」を取り上げ応援し続けていこうと思っています。
全国にラグビーの輪が広がることを願っています。
「WE LOVE RUGBY」は日本のすべてのラグビーを応援しています。
【プロフィール】
大元よしき(タイゲン ヨシキ)
1962年生まれ。2003年外資系IT企業からライターに転身。スポーツのほか、歴史関連も執筆。弓道三段。保善高校からラグビーを始め、チームは2、3年時に花園に出場するが、グラウンドに立てたのは開会式のみ。東洋大学、関東社会人リーグの東急、ミノルタで17年間ラグビーと共に歩む。
著書に
「命のバトン~個性派不登校児と自閉症児の教室」「1万回の体当たり~タックルマン石塚武生 炎のメッセージ~」「一緒に見上げた空~自閉症児×元不登校児 武蔵野東ラグビー部の軌跡~」「ジャパンラグビー革命」(上田昭夫/大元よしき共著)「ファイナルマッチ~ノーサイドの時を迎えて~(小説)」(大元夏樹名で発刊)。
その他イーブックでは、
「猛き風~伊藤剛臣世界への挑戦~」「最後のスクラム(小説)」あり。