女子7人制ラグビー<TKM7>トライアウトのお知らせ

女子7人制ラグビーチーム<TKM7:戸塚共立メディカルセブンズラグビークラブ>が4月からの本格稼働に向け、トライアウトを実施すると発表しました。チームの概要は前回掲載のとおりですが、目標は2016年開催のリオ・オリンピックに日本代表選手を送り出すことであり、また医療法人チームとして、広く社会に貢献できる人材を育てることにあります。
目指すものが高いだけに練習環境、職場環境は恵まれています。(詳しくはTKM7のHPをご参照下さい
「ラグビーに限らず競技経験が豊富で、やる気があって、大きな目標が持てる選手に来てほしい」(花岡伸明ヘッドコーチ兼チームディレクター談)
第1回TKM7トライアウトのお知らせを掲載します。
        「TKM7:戸塚共立メディカルセブンズラグビークラブ第1回トライアウトのご案内」
医療法人柏堤会が運営する『TKM7:戸塚共立メディカルセブンズラグビークラブ』は、2016年夏季オリンピック出場を見据え、ラグビー女子日本代表選手の育成を目指すと共に、引退後のセカンドキャリアを支援し、医療法人として広く社会に貢献するための人材育成に力を注いでいます。
 つきましては、医療法人 柏堤会の正規職員として、ラグビー女子日本代表を目指す有望な選手を発掘するため第1回トライアウトを実施します。現在、高校や大学、クラブチームでプレーしている方はもとより、ラグビー経験の有無を問わず、運動能力に長けた優秀な人材を広く求めております。
医療法人柏堤会では、ラグビーの精神である「One for all,All for one」が、多くの専門職が集まり、一人の患者様に最良の医療を提供する医療チームにも当てはまるものだと考えております。また、病院は75%が女性で構成されている職場です。整った職場環境と練習環境、高度な医療技術に支えられた組織、支援体制の中で選手が安心して活動できるチームを目指して参ります。
< 応募の概要 >
(1) 応募資格:高校・大学新卒者及び既卒、一般社会人(年齢応談)の健康な運動選手
(2) 待  遇:正規職員(医療事務を中心に従事)
(3) 応募方法:履歴書等必要書類をTKM7事務局に送付願います。(競技歴は詳細に記載して下さい。)
(4) 応募書類:履歴書 健康診断書 志望動機(原稿用紙1枚・400字以内)
(5) 応募締切:2012年2月17日(金)
(6) 送付先:〒244‐0003 横浜市戸塚区戸塚町116 
医療法人柏堤会本部 戸塚共立メディカルセブンズラグビークラブ事務局宛て
(7) 主  催:医療法人 柏堤会(TKM7:戸塚共立メディカルセブンズラグビークラブ)
(8) 選考方法:①書類選考 ②実技及び体力測定と第一次面接 ③TMG本部採用試験(第二次面接と筆記
試験、成績証明書・卒業見込書・履歴書(TMG書式)要)
(9) 備  考:シフト勤務利用の昼間練習、サポート企業による物品提供、ゴールドジムとの提携、専用寮
完備(予定)、その他支援体制有り
< 上記「(8)選考方法:②実技及び体力測定と第一次面接」の開催概要 >
(1) 日  時:2012年3月2日(金) 14:30~16:30(終了後に面接を行い解散となります。)
(2)場  所:横浜FC・LEOCトレーニングセンター(相模鉄道上星川駅から徒歩15分です。)
〒240-0045神奈川県横浜市保土ヶ谷区川島町522番地3(「横浜FCオフィシャルサイト」を参照願います。)
http://www.yokohamafc.com/index.php?option=com_content&view=article&id=56&It
(3) 内  容:体力測定、スキルチェック、TKM7練習参加、その他
(4) 服  装:ボタン・金具の付いていないスポーツウェアでご参加下さい(スパイク着用可)。
(5) 合否発表:本トライアウト終了後、郵送にてお知らせ致します。
(6) 合格者:TMG本部採用試験後に、合格者は2012年度の正規職員として採用致します。
*問い合わせ先:TKM7事務局(担当:佐藤彩) TEL.045-862-2282  e-mail:a_sato02@tmg.or.jp
                                                            以上

画像

「WE LOVE RUGBY!」は日本の全てのラグビーを応援しています。
                                                                    【プロフィール】
大元よしき(タイゲン ヨシキ)
1962年生まれ。2003年外資系IT企業からライターに転身。スポーツのほか、歴史関連も執筆。弓道三段。保善高校からラグビーを始め、チームは2、3年時に花園に出場するが、グラウンドに立てたのは開会式のみ。東洋大学、関東社会人リーグの東急、ミノルタで17年間ラグビーと共に歩む。
著書に
「命のバトン~個性派不登校児と自閉症児の教室」「1万回の体当たり~タックルマン石塚武生 炎のメッセージ~」「一緒に見上げた空~自閉症児×元不登校児 武蔵野東ラグビー部の軌跡~」「ジャパンラグビー革命」(上田昭夫/大元よしき共著)「ファイナルマッチ~ノーサイドの時を迎えて~(小説)」(大元夏樹名で発刊)。
その他イーブックでは、
「猛き風~伊藤剛臣世界への挑戦~」「最後のスクラム(小説)」あり。