「井手麻記子さん」その1 女子ラガーウーマンに聞く

2016年開催のリオデジャネイロ大会から、オリンピック競技になることが正式に決定された7人制ラグビー。
五輪では男女とも競技が行われるため、これまでほとんど日の目を見ることのなかった女子ラグビーに多くの注目が集まりつつあります。
今回は15人制女子日本代表のフォワードとして長年活躍してきた井手麻記子さんのインタビューです。
ラグビーとの出会いや仕事、そしてこれからの女子ラグビーについてなど、ベテランだからこその思いを語ってくれました。
それではキックオフ!

取材・文/場野守泰
画像

――井手さんが、最初に楕円球に触れたのはいつですか?
井手 大学1年のときですね。日本体育大学に入学して、ラグビー部に入りました。そのときが初めてです。

――それまでにラグビーを見たりする機会はありましたか?

井手 テレビで見ていたことがあった程度ですね。ですからルールとかは、正直わかりませんでした。
――大学でラグビーをやろうと、最初から思っていたのでしょうか?
井手 いいえ、そうではありません。実は中学からソフトボールをやっていたんです。ですので本当はソフトボールをやりたかったんです。
――井手さんのソフトボールにおける成績はどのようなものだったのでしょう?
井手 中2のときショートのレギュラーとなり、横浜市では3位になりました。中3ではピッチャーになったんですが、私がエースのときは結果が出せませんでした。高校でもソフトボール部に入部し、ピッチャーとして2年のときから試合で投げていました。でも私たちの代になって全員で退部したんです。3年になる直前ぐらいでした。やってやってやったというぐらいの辛い練習をしたのに結果が出ず、糸が切れたようになってしまいました。いろんな先生から止められはしたんですが、身体も心も限界でした。そのときまでの夢は、ソフトボールで実業団に入って、日本代表になることだったんですが。
――それで大学からラグビーを始められるわけですが、そもそも日体大に入ろうと思った理由はなんだったのでしょうか?
井手 ソフトボール部のコーチだった先生がすごくいい方で、その人に憧れたんですね。それで私も教師になりたいと思いました。その先生は国語だったんですけど、私は自分の一番好きな科目である体育の先生になろう思って、日体大に入りました。
――そこでラグビーと出会うわけですね。
井手 日体大のソフトボール部は、高校の途中で辞めた私が通用するレベルではありませんでした。でも何かの部には入りたいと思ったんですね。そんなときラグビー部のちらしをみたんです。『みんな初心者、日本代表に最も近いスポーツ』という謳い文句が書いてありました。それで練習を見にいき、体験入部という形でボールに触れたんです。
――どういう感想を持ちましたか?
井手 パスは難しいなと感じたんですけど、ダミーに当たるのは面白いと思いました。それで何日か通っているうちに、正式にラグビー部に入部してしまいました。
――入って後悔とかはしませんでしたか?
井手 ダミーではなく、ガチのタックル練習をやったときは痛くて、何これと思いましたね。入部したことを後悔したり、練習に行きたくないと思ったこともありました。特に最初の2年間は。でも3年生になったときから、楽しさや面白さが分かって、それからは離れられなくなりました。
――そのきっかけは何だったのでしょう?
井手 2年生までは部員数が少なくて、OGと一緒に練習していたんです。でも3年のときには人数が増えて、学生だけでチームが作れるようになったんですね。要はやらされていたのから、やるにかわったんです。自らやるという気持ちになって、初めてしんどくても仲間のために頑張る喜びを覚えました。ひとりだったら諦めてしまうところでも、仲間がいるからと思うと頑張れるんですね。そういうみんなとの一体感を覚えたら、もうこのスポーツが好きで好きでしょうがなくなっていました。
次回も引き続き井手さんにお伺いします。

「WE LOVE RUGBY」