女子ラグビー、藤崎朱里(Rugirl7)選手が日本代表の主将となった

女子ラグビー藤崎朱里(Rugirl7)選手が香港女子セブンズ(25日)出場のため香港に出発した。
日本ラグビー協会は東北関東大震災のため、出場辞退も考えたが、
2016年五輪での正式種目となったラグビー7人制に向けた育成のためにも、出場を決めた。
以前、BIGLOBEラグビーでも紹介した、藤崎朱里選手が今回初めて、日本代表の主将を務めることが決まった。

画像

藤崎選手に意気込みを聞いてみた。
Q.香港女子セブンズ出場について今の気持ちを教えてください。
A.
すごく楽しみな気持ちもありますが・・・今から緊張感が高まっています。
いろいろな面で、本当にいい経験となると思います。
今持っているものを挑戦してきます。
頑張ってきます!
Q.東北関東大震災についてメッセージをいただけますか?
A.
地震で大変な状況になっているかと思います。
まずは生きることが大事なので、みなさん、余震など続いているので十分気をつけてください。
アスリートができることは・・・人々に勇気を与えること、希望をもたらすこと。
夢は実現できると証明すること。
アスリートの私たちとしては、日々行ってきたトレーニングを止めず、
私たちには私たちの仕事を進めたいと思います。
地震の影響はすぐには落ち着かないと思います。
その中でも、やれることを最大限やりましょう。
この中でやってきたことが、必ず大事な苦しい時に出てきます。
今こそ声を掛け合って励ましあっていきましょう。
しゅり
藤崎朱里オフィシャルブログ
藤崎朱里インタビュー記事