大学選手権開幕!2

12月19日より「第47回全国大学ラグビーフットボール選手権(以下、大学選手権)」が開幕しました。
前回「新興校vs新興校」の新時代の到来か!?が見所と書きましたが、
今シーズンは明治大の重戦車や、慶応義塾大の魂のタックル復活など、伝統校にも新たな息吹が感じられます。
2回戦に向けさらに熱を帯びる大学選手権。目が離せません。
1回戦のカードとその結果です。
京都産業大学 14-83 東海大学(前半7-45) (秩父宮ラグビー場)
早稲田大学 94-7 大阪体育大学(前半38-7)(秩父宮ラグビー場)
慶應義塾大学 43-7 近畿大学(前半26-0)(花園ラグビー場)
天理大学 101-0 大東文化大学(前半45-0)(花園ラグビー場)
帝京大学 39-13 関東学院大学(前半39-8)(熊谷ラグビー場)
筑波大学 27-33 流通経済大学(前半22-7)(熊谷ラグビー場)
明治大学 68-5 中央大学(前半28-5)(瑞穂ラグビー場)
福岡大学 12-43 関西学院大学(前半7-12)(レベルファイブスタジアム)
この1回戦屈指の好カードといえば、やはり熊谷ラグビー場で行われた「帝京大学 vs. 関東学院大学」でしょう。
昨年も1回戦で対戦し、17-12で関東学院大がリードするも、
ロスタイムに同点に追いつかれ、トライ数により帝京大が勝ち進みました。
そのリベンジを果たすチャンスだった関東学院大ですが、
結果は「帝京大学 39-13 関東学院大学」と思わぬ大差がついてしまいました。
大学選手権出場の常連校は、この選手権にターゲットを絞りチームを仕上げて参りますので、
各リーグの時とは違った表情を見せることがあります。
そういう点では2回戦がとても楽しみなのですが、昨年の覇者帝京大の相手は、
魂のタックル+理詰めの慶應義塾大ですから、またまた熱い試合になることは間違いありません。
そしてもう1試合。2回戦注目のカードといえば、「明治大vs流通経済大」が挙げられます。
大学ラグビーの面白みは、伝統校にチャレンジする新興校という構図にあると思いますので、このカードがまさにそれ。
どちらもフォワードに自信のあるチームですから、ブレイクダウンの激しさが見所と言えるでしょう。
さらに、瑞穂ラグビー場で行なわれる「早稲田大vs関西学院大学」と「天理大vs東海大」の2試合は、
関西対関東という構図です。
近年は東高西低と言われる大学ラグビーですので、ここは対抗戦1位、リーグ戦1位にガツンとチャレンジして国立競技場にその勇姿を見せてほしいと願っています。
2回戦のカードです。
早稲田大学vs関西学院大学(瑞穂ラグビー場)
天理大学vs東海大学(瑞穂ラグビー場)
明治大学vs流通経済大学(秩父宮ラグビー場)
慶應義塾大学vs帝京大学(秩父宮ラグビー場)
WE LOVE RUGBY!執筆陣はラグビー日本代表を応援しています。
共に応援したい方はぜひJRFUメンバーズクラブの会員になりませんか。
http://www.jrfu-members.com/

「WE LOVE RUGBY!」