女子7人制チーム「Rugirl-7」キャプテン藤崎朱里さん

前回の記事では女子7人制選手強化チーム「Rugirl-7(ラガールセブン)」に触れましたが、
今回はその「Rugirl-7」のキャプテン藤崎朱里さんについてです。

画像

<藤崎朱里(あかり)プロフィール>
元女子バレーボール選手。(日立リヴァーレ)
愛称はシュリ。
2009/10シーズンのVチャレンジリーグ優勝に貢献し、自らもMVP・スパイク賞を獲得。
2010年5月、日立リヴァーレを退団し、女子7人制ラグビー選手を目指し「セブンズアカデミー」に参加。
7人制日本代表に選出された。
<ある日の藤崎キャプテン>
2010年10月27日。
藤崎キャプテンは、元慶應義塾大学監督の上田昭夫氏、天宮一大氏(武蔵野東技能高等専修学校)、
大元よしき(スポーツノンフィクションライター)らの少年院「水府学院」のラグビー指導のスタッフに加わりました。
(もしかして、半ば強制的に上田氏にメンバーに加えられた?)
「昨日の夜はなかなか眠れなかったんですよ。正直、不安で。
でもこんな経験は望んでできるものではないですからね」と言って、積極的に取り組んでいました。
その晩は4人で高円寺の焼き鳥屋さんで、「お疲れ様!」でした(笑)。

画像

2010年10月29日。
この日の藤崎キャプテンは、午前中から武蔵野東技能高等専修学校へ。
ここは自閉症児と健常児(主に元不登校児)が共に学ぶ混合教育を行なっている、全国でも稀有な学校です。
お昼は女子マネージャーやシャイなラグビー部員に囲まれながら給食を食べ、「好きな人はいますか~?」なんて聞かれたりもする。
その後は天宮先生の体育実技の授業を子どもたちといっしょに受け、夕方からはラグビー部の練習に参加。
この日は、パスやキックのスキル練習とタッチフットというメニュー。
特に重点的にキック練習を行い、何か手ごたえを感じた様子でした。
「バレーボールではキックするということがないので……」と言いながらも、吸収力が凄い。
藤崎キャプテンの活躍に期待しています!

画像

<選手募集>
女子アスリートの皆さん、新天地でメダルにチャレンジしてみてはいかが? 
未来は勇気の一歩から拓かれます。
詳しくは「メダルを取るために集まったアスリートたち Rugirl-7
http://rugirl7.com/
へどうぞ。
第1回トライアウトの実施
 ・日程と場所:11月28日(日)、都内グラウンドにて
 ・参加者資格:
 ① 年齢:中学生~35歳までの女性
  ※首都圏以外の遠方の方には、スポンサー企業で雇用や住生活(寮)の支援をいたします。
 ② フィットネス:ラグビー経験の有無は問いませんが、走力、特に短距離走力を重視します。
 ③ その他条件:国内トップレベルを目指す意欲のある方で、週6日練習がある中で、
原則週4回以上練習に参加できること。
(Rugirl-7のHPより抜粋)
WE LOVE RUGBY!ライターは女子ラグビー日本代表を応援しています。

「WE LOVE RUGBY!」