「鈴木彩香さん」その1 女子ラガーウーマンに聞く

昨年の秋に、2016年開催のリオデジャネイロ大会からオリンピック競技になることが
正式に決定された7人制ラグビー。五輪では男女とも競技が行われるため、
これまでほとんど日の目を見ることのなかった女子ラグビーに、多くの注目が集まりつつあります。
このコーナーは、女子ラグビーの日本代表及び代表候補選手をインタビュー形式で
取り上げながら、数珠繋ぎしていこうというものです。
栄えある第1回目の選手は、7人制女子日本代表のキャプテンで、
15人制女子日本代表ではバイスキャプテンを務める鈴木彩香さんです。
それでは鈴木さんから、キックオフ!
取材・文/場野守泰

画像

―まずは初めて楕円球に触れたときのことを教えてください。
鈴木:近所の公園で、今の所属チーム(横濱ラグビーアカデミー)のコーチが家族で遊んでいて、
楽しそうだったのでそこに入れてもらったのがきっかけです。小学校2年生のときでした。
―それからはラグビー一筋ですか?
鈴木:小学校のときはタグラグビーをやっていましたが、中学・高校のときは学校の部活動で陸上をやりながら、
週末にクラブチームでラグビーをやっていました。
―鈴木さんは今20歳ですが、ラグビー選手としてのキャリアは10年以上あるということですね。
でもその若さで7人制女子日本代表ではキャプテンを、
15人制女子日本代表ではバイスキャプテンを務めているのですが、大変ではないですか?

鈴木:相当エネルギーを使いますね。ベテランもいれば若手もいますし。
特に若い選手の中には、気合を入れると奮い立つ子もいれば、
大丈夫だよと持ち上げないと頑張れない子もいます。
そのあたりは練習をはじめ、常に観察して性格を見ながら声の掛け方を変えています。
もちろん、最終的には自立してもらわないといけないんですけど。
―鈴木さん自身は、ご自分をどのようなキャプテンだと思っていますか?
鈴木:私は練習中は鬼みたいに怖いと思います。
ひとつのミスも許さないですし。
甘えだとか、ミスしても「いいよいいよ」といった感じのゴメンで済ませられる雰囲気は
完全に取り除きたいと思っています。
だからミスした者に対しては、もの凄く厳しく接しますね。
―それは、ベテラン選手に対しても同じですか?
鈴木:はい。私はまだ代表になって数年ですけど、
もう10年以上代表に選ばれ続けている人もいるので、最初は言い辛かったんですが。
でもチーム全体のレベルアップのために必要であるなら、
誰に対しても言うべきは言うという思いでやっています。
―ではラグビー以外の場面では、どういう接し方をされているのですか?
鈴木:練習を離れたら、常に冗談を言ったりして、バカばっかりやっています。
若い子相手には、お互い話しているときにツッコミの入れ合いとかしていますよ。
年上の人に対しては、私は甘えるタイプですね。「マッサージしてくださ~い」なんて言って(笑)。
先輩たちは、そんな私を受け入れてくれています。ありがたいですね。
次回も引き続き鈴木さんにお伺いします。

「WE LOVE RUGBY」