セブンズ日本一を決める賞金大会「『ジャパンセブンズ2014』開催

日本ラグビーフットボール協会主催「ジャパンセブンズ2014」開催のお知らせです。
本大会は昨年度、ラグビーとしては国内初の賞金大会として開催され男子カップトーナメント優勝チームに優勝賞金50 万円が贈られます。

<ジャパンセブンズ2014 大会概要>
名称: ジャパンセブンズ2014
日時: 2014 年6 月8 日(日)9 時〜17 時
会場: 秩父宮ラグビー場(東京都港区北青山2−8−35)
主催: 公益財団法人日本ラグビーフットボール協会
主管: 関東ラグビーフットボール協会
協賛: 森永製菓株式会社 アシックスジャパン株式会社
後援: 産経新聞社
組み合わせ: 主催者が行う抽選により決定。

◇男子の部:参加 12 チーム
① パナソニック ワイルドナイツ(ジャパンラグビー トップリーグ2013-2014 1位)
② 東芝ブレイブルーパス(ジャパンラグビー トップリーグ2013-2014 3 位)
③ トヨタ自動車ヴェルブリッツ(ジャパンラグビー トップリーグ2013-2014 6 位)
④ リコーブラックラムズ(ジャパンセブンズ2013 優勝)
⑤ 帝京大学(全国大学ラグビーフットボール選手権大会優勝)
⑥ 早稲田大学(全国大学ラグビーフットボール選手権大会準優勝)
⑦ 流通経済大学(YC&AC JAPAN SEVENS 優勝)
⑧ ホンダヒート(関西セブンズフェスティバル優勝)
⑨ 九州共立大学(九州セブンズ準優勝)
⑩ PSI コストカッツ(主催者推薦:7人制専門チーム、YC&AC JAPAN SEVENS ベスト4)
⑪ 専修大学(主催者推薦:YC&AC JAPAN SEVENS 準優勝)
⑫ 男子デベロップメントチーム(仮称)

◇女子の部: 参加4 チーム(エキシビション)
① Rugirl-7
② 日本体育大学ラグビー部女子
③ 名古屋レディース
④ RKUラグビー龍ケ崎グレース

詳細は日本ラグビーフットボール協会の7人制ラグビー公式サイトまで。
http://sevens.rugby-japan.jp/games/2014/id25417.html

大元よしき(タイゲン ヨシキ) 1962年生まれ。東洋大学経済学部卒。2003年外資系IT企業のマネージャーからフリーのライターに転身。スポーツのほか、少年非行、歴史関連も執筆。保善高校からラグビーを始め17年間ラグビーと共に歩む。 その他のスポーツ歴は水泳、剣道、ハンドボール、弓道(三段)。

連載中! 「障害者アスリート~越えてきた壁の数だけ強くなれた」 「ルポ・少年院の子どもたち」

著書に
「あの負けがあってこそ~再起を懸けたアスリート25の軌跡」
「命のバトン~個性派不登校児と自閉症児の教室」
「1万回の体当たり~タックルマン石塚武生炎のメッセージ~」
「一緒に見上げた空~自閉症児×元不登校児 武蔵野東ラグビー部の軌跡~」
「ジャパンラグビー革命」(上田昭夫/大元よしき共著)
「ファイナルマッチ~ノーサイドの時を迎えて~(小説)」(大元夏樹名で発刊)