ラグビーワールドカップ2019

2019 ラグビーワールドカップは、2019年(平成31年)に開催予定の第9回ラグビーワールドカップ。2009年(平成21年)7月28日に日本で開催することが決まった。
アジア地域で初の開催となる。
4年に1度の「ラグビー世界一決定戦」で、オリンピック、サッカーワールドカップに次ぐ世界の三大スポーツイベントと言われている。

ラグビーワールドカップ (RWC)は4年に一度開催される、「ラグビー世界一」を決定する大会。また、RWCは、世界のラグビーの発展を促す経済的な面で重要な役割を担っている。RWCの利益は、開催後4年間にわたり、世界のラグビーの発展のために各加盟ユニオンに分配されるなど、様々な形で活用される。

第1回大会は、1987年にニュージーランドとオーストラリアで開催された。
2007年にフランスで行われた大会では、220万枚のチケットセールスを記録した。平均観客数は47,000名。試合は世界238局で放送され、40億人の人々がテレビを通じてこの大会を観たとされている。

日本代表は過去6大会に連続出場し、フランス大会では、フィジー、カナダと熱戦を繰り広げた。

ラグビーワールドカップ招致サイト

ラグビーワールドカップ開催国

開催年開催国決勝会場優勝国参加国数
第1回
(1987年)
ニュージーランド(主)・オーストラリア(副)ニュージーランドニュージーランド16
第2回
(1991年)
イングランド・ウェールズ・スコットランド・アイルランド・フランスイングランドオーストラリア16
第3回
(1995年)
南アフリカ南アフリカ南アフリカ16
第4回
(1999年)
ウェールズ・イングランド・スコットランド・アイルランド・フランスウェールズオーストラリア20
第5回
(2003年)
オーストラリアオーストラリアイングランド20
第6回
(2007年)
フランス・ウェールズ・スコットランドフランス南アフリカ20
第7回
(2011年)
ニュージーランドニュージーランドニュージーランド20
第8回
(2015年)
イングランドイングランド
第9回
(2019年)
日本日本