ウィルチェアーラグビー日本選手権大会・予選リーグ B開幕!

2014年7月12日『ウィルチェアーラグビー日本選手権大会・予選リーグB』ラウンド1が北海道教育大学岩見沢校で開幕しました。
予選リーグBの参加チームは、北海道 Big Dippers/AXE/BLAST/HEATの計4チームです。

◇ウィルチェアーラグビー日本選手権予選リーグBラウンド1の試合結果

<7/12>

AXE 58 – 35 BLAST

北海道 Big Dippers 52  – 44 HEAT
BLAST 38  –  52 HEAT
AXE 43 – 49 北海道 Big Dippers

 

<7/13>
AXE 44 –  37 HEAT
北海道 Big Dippers 54  – 50 BLAST

◇予選リーグB 暫定順位
1) 北海道 Big Dippers : 3勝0敗
2) AXE : 2勝1敗
3) HEAT : 1勝2敗
4) BLAST : 0勝3敗

 

何度かこの「We Love Rugby」でウィルチェアーラグビーを取り上げてきましたが、前回に引き続きおさらいをしておきましょう。

導入1   6

1チームは4名の選手で構成されます。選手は、車椅子の操作やボールを扱う能力(障害のレベル)により0.5点、1.0点、1.5点、2.0点、2.5点、3.0点そして3.5点の7クラスに分類され、競技中のコート上の4選手の持ち点の合計は8.0点を越えてはいけません。ただし、女性選手が加わる場合、女性選手1名につき持ち点の合計から0.5点マイナスされます。

 

車椅子は、「ラグ車」と呼ばれるハードなコンタクトに耐え得る専用の車椅子を使用します。車椅子バスケや車いすテニスとは少々趣が異なります。激しい競技ですので傷だらけなのが特長です。車椅子には、攻撃用(ハイポインター)と守備用(ローポインター)があり、攻撃用は細かな動きができるようにコンパクトにできています。また守備用は相手の攻撃を止めるために突き出たバンパーが特徴です。
ラグ車ハイ   ラグ車ロー

ハイフロント   ローフロント

 

ボールは公式専用球が使用され、パスまたはひざの上に乗せてゴールまで運びます。あらゆる方向にパスすることが可能で、投げたり、打撃をしたり、転がしたりして運ぶことができます。

ボールをひざの上に乗せて運ぶ場合は,10秒以内に1回のドリブルを行わなければなりません。

ボール   ラン1

ラン2   ラン3

得点は、ボールを持ったオフェンス側の選手の車椅子の2輪がゴールラインに達するか通過することにより与えらます。

タックル(相手の車椅子に自分の車椅子を衝突させたり引っかけたりすること)により相手の攻撃や防御を阻止することが認められています。

1   3

4   5

 

現在ウィルチェアーラグビー日本代表の世界ランキングは4位。前回のパラリンピック・ロンドン大会では3位決定戦で惜しくもアメリカに敗れましたが4位という輝かしい成績を収めました。今後日本代表がさらなる飛躍を遂げるためには国内の大会に熱気が欠かせません。名勝負とは選手、審判、スタッフ、観衆が一つになって生まれるものです。思いの一つひとつがコート上にドラマを生みだすのです。数少ない観戦機会にぜひとも会場に足を運んでいただきたいと願っています。

 

◇『ウィルチェアーラグビー日本選手権大会・予選リーグA・B』今後の開催予定

【予選リーグB 兵庫大会】
9月6日(土)7日(日) 兵庫県立障害者スポーツ交流館
参加チーム:北海道 Big Dippers/AXE/BLAST/HEAT

【予選リーグA 高知大会】
9月20日(土)21日(日) 中芸広域体育館(結いの丘ドーム)
参加チーム:BLITZ/RIZE/沖縄Hurricanes/Freedom/横濱義塾

 

取材協力は神奈川県横浜市に活動拠点を置くウィルチェアーラグビーチーム「横濱義塾」でした。ご協力ありがとうございました。皆様の今後ますますのご活躍に期待しております。

0001

「We Love Rugby」は国内の全てのラグビーを応援しています。