ジャパンラグビー トップリーグ 2014-2015の開幕!

 

国内最高峰「ジャパンラグビー トップリーグ 2014-2015」1stステージが本日、8月22日に開幕します。

(詳細はジャパンラグビー トップリーグ のオフィシャルサイトへどうぞ! http://www.top-league.jp/ )

 

2   3

その開幕戦のカードはこちら。

東京・秩父宮ラグビー場では「パナソニック ワイルドナイツ vs 東芝ブレイブルーパス」(19:30キックオフ)
大阪・キンチョウスタジアムで行われる「NTTドコモレッドハリケーンズ vs 近鉄ライナーズ」(19:30キックオフ)

4   5

年々競技レベルが上がるジャパンラグビー トップリーグ 。今年もその時期になりましたね。

派手さはないですが、そこがラグビーのいいところでもあります。

毎年、この時期になると過ぎゆく夏を寂しく感じる反面、ラグビーシーズンの到来を心待ちにしている自分がいます。

ゆく年くる年みたいなものです。

この2試合はビールが半額なので勢いつけてナイターをお楽しみ下さい。

(詳細はジャパンラグビー トップリーグ のオフィシャルサイトへどうぞ! http://www.top-league.jp/ )

 

さて、今シーズンは

レフリーの判定をサポートする、TMO(テレビジョンマッチオフィシャル)制度を、トップリーグ2014-2015シーズン、リーグ戦全112試合、ワイルドカードトーナメント全6試合、入替戦全3試合、およびプレーオフトーナメント「LIXIL CUP 2015」全3試合で実施されることになりました。

また今年度の「第52回日本ラグビーフットボール選手権大会」全9試合でも行われるようです。

 

日本ラグビーフットボール協会曰く、

これにより、トップリーグチームが出場する公式戦全試合で、競技判定の厳正化および公明化が実現し、また国際基準に沿ったレフェリング体制が整うことになります。トップリーグでは今後も、世界で勝つための競技力向上や、ファンの皆様にラグビー観戦をわかりやすく楽しんでいただけるための施策を積極的に実施して参ります。

ただし、競技判定の厳正化、公明化はもちろん喜ばしいことですが、プレーの流れやスタジアムの空気感を冷ますようなシーンが増えないことを祈ります。

では開幕戦の会場へまいりましょう。