「第1回全国女子ラグビーフットボール選手権大会」祝!日体大

2014年11月23日今回で27回目となる「女子ラグビー交流会」が、女子チームの日本一を決める「全国女子ラグビーフットボール選手権大会」と名称を変更し、その第1回が江戸川区陸上競技場で行われました。

同じ日、秩父宮ラグビー場では「早稲田大学vs慶應義塾大学」の定期戦が行われていましたが、江戸川でも女子の頂点が熱く競われ、関東大会を僅差の勝負で勝ち上がった日本体育大学ラグビー部女子が15人制ラグビーの初代クイーンの座に輝きました。

日本体育大学ラグビー部女子のみなさん、おめでとうございます。

優勝

7人制ラグビーがオリンピックの正式種目に決まって以来、女子ラグビーといえば7人制を指すかのように語られることが多いですが、けっしてそんなことはありません。やはり15人制ラグビーは体格や体力、運動能力に応じて様々なポジションがありますので、女子の中にもそこに魅せられている選手たちが数多くいます。7人制に比べコンタクトシーンが多く、ガツガツ、ゴリゴリと激しく、筆者のようなオールドファンには「これぞラグビー」という醍醐味が感じられました。

本大会が女子ラグビーの発展の基盤になることを祈念しています。

スクラム

<第1回 全国女子ラグビーフットボール選手権大会の試合結果>

会 長 杯  「日本体育大学 46-5 名古屋レディース」

3位決定戦 「RKUラグビー龍ヶ崎GRACE 64-0 兵庫県合同チーム」

5位決定戦 「PTA15’s  48-0 世田谷レディース」

5位決定戦 「世田谷レディース 0-7 チーム大阪」

5位決定戦 「PTA15’s  43-0 チーム大阪」

高校生の部  「関東 5-12 関西」

高校生の部  「関西 0-0 九州」

高校生の部  「関東 0-5 九州」

ラインアウト

<順位>

1位:日本体育大学ラグビー部女子
2位:名古屋レディース
3位:RKUラグビー龍ヶ崎GRACE
4位:兵庫県合同チーム
5位:PTA 15’s
6位:チーム大阪
7位:世田谷レディース

(高校の部)
1位:関西
2位:九州
3位:関東

<MVP>

FW 高野眞希 (日本体育大学ラグビー部女子)
BK平野恵里子(日本体育大学ラグビー部女子)

(高校の部)
FW 齊藤未奈(関西)
BK 須藤ちひろ(九州)

 

PTA15’s :東京フェニックス、YOKOHAMA TKM、ARUKAS QUEEN KUMAGAYA の合同チーム。

兵庫県合同チーム:兵庫県ラグビースクールレディース、SCIXラグビークラブ、神戸親和女子大学、流通科学大学の合同チーム。

チーム大阪:寝屋川ウィメンズ、ORSレディース、阿倍野HOLLY’S、Rugirl-7 WESTの合同チーム