「第51回 全国大学ラグビーフットボール選手権大会」帝京大圧勝6連覇なる!

2015年1月10日「第51回 全国大学ラグビーフットボール選手権大会」の決勝戦が行われ、帝京大が「 50-7 」で筑波大を下し6連覇を成し遂げました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

開始7分帝京大のスクラムハーフ流選手が筑波大ボールのスクラムからのこぼれ球をトライ。そこからトライ&ゴールを重ね前半だけで「 21-0 」としました。

後半7分筑波大も1トライ1ゴールを返しますが、力の差は後半如実に表れました。

試合後、帝京大の岩出監督は「筑波大は過去21点取られた試合に勝てていません。その時点で勝ったと思った」と語りました。その後「唯一の例外にしないように……。筑波大のねばり強いディフェンスに敬意を表します」とも繋いでいましたが、双方の力の差から見て前半終了時点で勝利は確信していたと想像できます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

その岩出監督は「80分間をどう使うかです。アタックの時間もディフェンスの時間も大切にして、筑波大の体力のエネルギー、心のエネルギーを奪っていくような戦い方をする。チャンスは相手がくれる。自分たちからは与えない」「帝京大の強みは学生たちの人間的な成長にあります」と淡々と語られているところが、積み重ねてきたことへの自信の表れでしょう。

対する筑波大は果敢に攻めるも帝京大のディフエンスは固く、まるで壁のように崩れません。何度もハードタックルで弾き返されるシーンがあり、ブレイクダウンでもプレッシャーを受けてしまい、機動力を活かした連続攻撃にリズムが生まれません。筆者が数えた帝京大のターンオーバーは前後半共に6回でした。記入漏れがあってもっと多かったかもしれませんが、それだけ厳しいプレッシャーにさらされていたということです。

帝京大の強さを表す言葉が思い浮かびませんが、そびえ立つ巨人の存在によって大学ラグビーのレベルが上がり、それが日本ラグビー全般のレベルアップにつながり事を願っています。

これで帝京大学は6年連続6回目の優勝です。通算成績では早稲田大が15回で最多、続く12回の明治大、そして関東学院大と帝京大が6回で並びました。

帝京大学優勝おめでとうございます!

「We love Rugby は国内のすべてのラグビーを応援しています」

 

大元よしき(タイゲン ヨシキ) 1962年生まれ。東洋大学経済学部卒。2003年外資系IT企業のマネージャーからフリーのライターに転身。スポーツのほか、少年非行、歴史関連も執筆。保善高校からラグビーを始め17年間ラグビーと共に歩む。 その他のスポーツ歴は水泳、剣道、ハンドボール、弓道(三段)。

連載中!

あの負けがあってこそ」 「障害者アスリート~越えてきた壁の数だけ強くなれた」 「ルポ・少年院の子どもたち

著書に
「あの負けがあってこそ~再起を懸けたアスリート25の軌跡」
「命のバトン~個性派不登校児と自閉症児の教室」
「1万回の体当たり~タックルマン石塚武生炎のメッセージ~」
「一緒に見上げた空~自閉症児×元不登校児 武蔵野東ラグビー部の軌跡~」
「ジャパンラグビー革命」(上田昭夫/大元よしき共著)
「ファイナルマッチ~ノーサイドの時を迎えて~(小説)」(大元夏樹名で発刊)