ラグビーワールドカップ2019開催地決まる

公益財団法人ラグビーワールドカップ2019組織委員会」は、2019年に日本で開催するラグビーワールドカップ2019の開催都市を発表した。

開催都市には15都市から立候補があり、ラグビーワールドカップ2019組織委員会にて選定を進め、3月2日(月)アイルランド・ダブリンにて行われたラグビーワールドカップリミテッド(RWCL)理事会にて最終承認され、下記12の開催都市が決定した。

開催都市
試合開催会場
札幌市
札幌ドーム
岩手県・釜石市※
釜石鵜住居復興スタジアム(仮称)
埼玉県・熊谷市※
熊谷ラグビー場
東京都
新国立競技場
神奈川県・横浜市※
横浜国際総合競技場
静岡県
小笠山総合運動公園エコパスタジアム
愛知県・豊田市※
豊田スタジアム
大阪府・東大阪市※
花園ラグビー場
神戸市
御崎公園球技場
福岡市
東平尾公園博多の森球技場
熊本県・熊本市※
熊本県民総合運動公園陸上競技場
大分県
大分スポーツ公園総合競技場

※は連名での立候補。
・新国立競技場では開幕戦、および決勝戦を行うことが決定している。